憧れの女上司と 一ノ瀬あやめ

價格 $30 保密發貨,放心購買
  • 男顔負けヤリ手な女上司一ノ瀬さん。仕事に厳しく、僕はいつも怒られてばっかり。周りの同僚はそんな僕に憐れみの眼差しを送ってくる。でもたまに見せる笑顔が素敵で、僕は一ノ瀬さんが大好きだった。今日もプレゼンに失敗してしまい一ノ瀬さんから叱責され、ひとり残業していた。仕事が行き詰まり、息抜きを兼ねてこっそりと撮った写メを眺めているうちに寝てしまっていた。そして改めて再プレゼン。取引先との取引も上手く行き、一ノ瀬さんと僕は打ち上げに。お酒が進み、一ノ瀬さんは自宅で飲みなおそうと僕を招待してくれた。酔った彼女が少し潤んだ瞳で僕を見つめる。僕は堪らず彼女をベットに押し倒した。酔った勢いとはいえ怒られるかもと思ったが、彼女は静かに瞳を閉じた。僕は今までの思いをぶつけるように彼女を抱いた。指で、舌で、カラダの全てを使い彼女を感じ、彼女も全て受け止めてくれた。夢のような時間を味わいながら僕は眠った。次の日、僕は頬に感じる暖かさで目を覚ました。寝ぼけ眼の僕に一ノ瀬さんはおはようと微笑み、優しくキスをしてくれた...。